ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

掌を光に当てるだけでビタミンやミネラルが……嘘です。

さて、ニュースへの突っ込みではないけれど、ちょっと不思議な話をされたので、調べてみたら、これはマズいな〜と思ったので。

バイオフォトニックスキャナーというものについて人前で話をして、自分のところの商品の優位性を語り、商売をしている人が居た。

その仕組みを知らないというか、仕組みから何が分かるのかを類推出来ない人に取っては驚きの装置だし、うっかり言葉をそのまま信じてしまいたくなるのだが……。

「この装置に掌をかざすと、その人の身体の中にビタミンやミネラルが十分あるかどうかを光で測定出来るのです!」

ってちょっと待て!

光でビタミンやミネラルを測定出来るとしたら、体内でビタミンやミネラルには何らかの色素を持っているという事になる。色素になってないと、光に反応しないから測定出来ない。

色素?色素かぁ……色素!あっ!もしかして!

思いついた頃には、手をかざすだけで健康かどうか分かるなんて話になっている。

「質問して良いですか?」
「はいどうぞ」
「今、光で測定するとおっしゃいましたが、それなら何らかの色素が身体の中に含まれているかを測定出来るという装置なのではないですか?」
「ああ、そうですね」
「という事は、それは今話題の抗酸化物質、カロチノイド等の植物色素が体内にどれだけ在るのかを測定するという事ですか?」
「良くご存知ですね、その通りです」
「では、先ほど仰ったビタミンやミネラルはどうやって光だけで測定するのですか?」
「それは……抗酸化物質が在るという事は、ビタミンやミネラルも在るという事になるんです」
「そうなのですか?では、抗酸化物質のサプリメントだけを飲んでいれば、ビタミンやミネラルも摂取している事になるのですね?」
「はい……そうだと思います。」
「なるほど、あなたの会社の姿勢はよく分かりました。」

こういう顛末だったんだが。

正直にカロチノイドの濃度を測定するのであって、ビタミンやミネラルは分からないと言って貰いたかった。それとも、そんな事も知らないで、さも医療機関レベルの検査が出来るかのようなイメージを与え、自分の製品が売れればそれで良しとするつもりなのだろうか?

悪い測定装置ではないと思うし、それで分かる事に意味が無いとも思わない。

ただ、これで健康が分かるなんて誤解を与えると、医者に行くべき人が行かずに済ませようと思ったりするかもしれない。

それで手遅れになる人が出たら、どう責任を取るつもりなのだろう?って言うか、責任の取りようも無いし、法律的には別にその必要もないだろうけど。

その装置の技術は悪くない。

ただ、それを単なる商売繁盛の道具として扱っていると見落とす事がある。

私自身も健康に関わる仕事をしている。はっきり言って、彼らと同じ業界だ。

だからこそ、恐ろしいと思う。

人の口に入るものを扱う仕事、人の健康に関わる仕事は、その技術を儲ける為の道具として考えていては大きな間違いを犯す。その技術が生み出された源泉は、元々「健康」を目指す心だったと思いたいのだが……違うのだろうか?

自分の儲けは仕事の後に来るもの。仕事の前に儲けは無い。まずは仕事をする事。自分の仕事って何だ?って事がハッキリしていないと間違えるってワケだ。

ところで、この会社の人からのメールがさっきから立て続けに10通も来てるんだけど、いつ止まるんだろうね。こんなんだから、この業界の人は馬鹿にされるんだよ。
[PR]
by majilife | 2004-12-03 21:29 | バカと鋏は何とやら