ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

ここからどう繋げていくか

金額だけで貢献ははかられるものではない。

何も言わずに「良い事をした」と自己満足に浸るだけでは勿体ない。

地震被害に5億ドル無償供与=護衛艦を追加派遣=差替 | Excite エキサイト : ニュース
小泉純一郎首相は1日夜、スマトラ沖地震を受け「資金、知見、人的貢献」の3点で最大限の支援を行うとの談話を発表した。具体的には(1)緊急支援として当面5億ドル(約510億円)を被災国や国際機関に無償供与(2)津波早期警戒メカニズム構築のための協力推進(3)消防のヘリコプターの活用、自衛隊の航空機、艦船の追加派遣の早急な検討−−を行う。
 首相は、6日に東南アジア諸国連合(ASEAN)が主催しインドネシアで開かれる復興支援のための緊急首脳会議に出席することを併せて表明した。

また、単に金を出したとか、やったというだけでなく、それを将来に繋げなくては意味が無い。

お返しを求めてやるという事では無く、損して得取れなんて商売の話でもない。

先に繋げていく事というのは、短期的にはもちろん日本の国益だが、それを本当の意味の国益として長期的に見れば、日本の国益は関係したそれぞれの国の国益でもある。

なぜなら、時代はアジア圏の形成に向かっているからだ。

短期的に良い人の顔をしたければ、金をばらまいて、どう使われるか、届いているかもチェックせず、日本が仲良くしたいという意志も相手に伝える事無く、忘れ去られてしまえば良いだろう。

だが、それは日本の不幸というだけでなく、アジア全体にとって不幸な事に繋がる。

イメージ戦略、メッセージ戦略で、日本はアングロサクソンに徹底的に負けている。

日本は役に立つ支援だって沢山やってきた。日本人がアジア人蔑視をしないとは思わないが、白人よりは遥かにマシだ。

それなのに、日本がアメリカやヨーロッパよりもなんだか相手にされていないのはどうしてなのか?

支援の内容と、そこに込められたメッセージを、しっかりと相手に伝えなくては、相手が感謝するチャンスさえ奪ってしまう事になる。

それは相手が誰かに対して感謝する事で得られる運を奪っている事にもなる。

ちゃんと感謝しやすいようにしてあげる事も大事なんだって事、キリスト教の連中の方が、このあたり、上手。

アングロサクソンを舐めたらアカン! こういう技は盗まなくちゃね。

相手から感謝されるだけでなく、感謝されている事を日本人が実感出来る事までをセットで支援出来るようにする事が、先々の国際関係安定に繋がる。
[PR]
by majilife | 2005-01-03 01:19 | バカと鋏は何とやら