ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

誰がリーダーシップをとるか、その覚悟はあるか?

<NHK会長辞任>“院政”の疑念消えず=解説 | Excite エキサイト : ニュース
7年半にわたる長期政権を築いてきた海老沢勝二会長が辞任し、NHKの新たな顔となったのは、報道畑でも番組制作畑でもなく、技術畑の橋本元一専務理事・技師長だった。同時に副会長には初の女性となる永井多恵子氏が就任した。

とりあえず、新会長が技術畑から来たからって、それがどうした?何が問題だって?
だが釈然としない部分もある。新会長、副会長とも経営に関しては素人といっていい。この危機的状況にあって、では、だれが経営をリードするのか。

眠い事を言う……。

今までの経営だってダメダメなんだから、経験があっても無駄って事は明白でしょ。

番組制作部門や報道からの人間には経営センスやら経験があるなんて誰が決めた?

技術だって駆け引きもあるし、人をまとめなくちゃならない事だって沢山ある。

日本って国は、技術者の御陰で飯喰って来たくせに、技術者をバカにする傾向がある。

海外に目を向けてみろよ、技術出身の経営者なんて五万と居る。

こんなんじゃあ、女性の進出を喜ばない風潮もまだまだ続くんだろうな。

っと話が逸れたが……、辞任した奴にこういう事を言わせちゃイケナイ。
海老沢前会長は、辞任会見で「人材育成や海外交流で、自分の経験を生かせれば」と語り、完全な引退を間接的に否定している。今後、会長OBとして顧問にとどまる可能性があり、影響力を保って「院政」を敷くのではないかという疑念は消えない。

不気味な発言だ。一体誰に向かって言った言葉なのか?

明らかに一般視聴者に向けた言葉ではない。誰にその言葉が届けば海老沢さんにとってのNHKに得なのだろう?

もちろん新体制を歓迎する人ばかりではない。
しかし、一方で、NHK内部には体制の全面的な刷新に批判的な声もあり、前途は決して明るいとはいえない。

ま、当たり前の事なんだけど、外野は色々と騒ぐね〜。何をやったって反対派は出て来るってば。

で、恐いのはその隙をついて、ちょっかい出して来そうでしょ?亡霊共が。

新会長が覚悟を決めて、リーダーシップをとるしかないってのは確かだね。

というか、それ以外に無い。

責任を引き受ける覚悟のある奴だけが、ややこしい状況を変える事が出来る。

もつれた糸を解くより、ぶった切るぐらいの意志をもったリーダーが必要とされているのだろう?
[PR]
by majilife | 2005-01-26 12:39 | バカと鋏は何とやら