ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

自分で居る時と、集団にある時で、人は変わってしまう。

この行為に短絡的に反応しても、状況は悪化するだけだ。

そういう事が分かるほどの余裕をもち、落ち着いていられる日本人で居られる事がラッキーだ。

<中国反日デモ>上海で邦人初の負傷者 | Excite エキサイト : ニュース
店内にいた見知らぬ中国人客に数人が呼び止められ、「お前は中国人か、韓国人か」と問われた。1人が「日本人だ」と答えると、その中国人客が持っていたビールのジョッキや灰皿などで、いきなり殴りかかり、日本人2人が頭にけがをした。

こうした問題にコメントする時に感じる不毛さというのは、人間の根本的な欠陥だ。

自分自身として立っている時、周りから自分という存在が個人として認識されている時、

人は結構優しかったりするし、自分個人の道徳観に基づいて行動する。

ところが、集団の中に居ると、自分という存在が希薄になり、凶暴化する。

これは人間の持つ社会性という特徴がマイナスに働いた状態で発現する。

集団の中では、集団の細胞になってしまい、脳が働かなくなってしまうのだ。

個人は集団の一部に成り下がり、個人そのものとしての存在を捨ててしまう。

これは生きるという事が暴力的な力で守られて来た長い歴史があるから仕方ない。

だが、こうした集団に対して、同じ仕組みで立ち向かえば、甚大な被害を垂れ流しながら、どちらかが朽ち果てるまでやるしかない。

もう、別の方法を選んでも良いではないか。

集団意識とは、つまり、匿名意識だ。

自分の意志でなく他人の意志で動く事によって、自分は免罪されるという意識だ。

悲しいかな、個人を特定出来ないであろう場面では、人間は簡単に凶暴化するのだ。

一人では強姦等出来ない気弱な男でも、集団になると強姦するのだ。

そして、

「皆がやるから仕方なくやった」

なんて言い訳をするのだ。

これが拡大すれば、国家間の戦争となり、日常のネットの世界では、匿名の掲示板などを使った悪質な嫌がらせになったりする。

終わらせたかったら、集団の一部だと思って脳死状態になっている人間を、個人の意識に戻す事だ。

まず、私達日本人は、個人である事をヤメてはイケナイ。

彼らの暴挙を許せという事ではない。彼らに屈服しろという事では無い。

徹底的に彼らを個人扱いして、集団の中に逃げ込めないようにするという事だ。
[PR]
by majilife | 2005-04-10 23:56 | 俺の側で愛を叫べ