ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

最近あちこちで喧伝された公共性のある事業

ホリエモン騒動以来、

「公共性のある事業だから、金がすべてみたいな人間を入れるわけにはいかない。」

なんてごちゃごちゃ言ってたマスコミの世界。

万引告白あびる優、テレビ復帰~謝罪コメントは無し
店を潰すほど万引きした事を、何事も人生経験なんて言っちゃう奴は、公共性のある事業としてOKなんだと。

ホリエモンは法律の中でやってましたが、

あびるは法律の外でやってますねえ。

公共性のある事業では、法律の範囲内の人はゴチャゴチャ言われて、法律を犯した人は人生経験なんて言って謝罪も無しに復帰出来るとは。

このタレント(あれ?タレントって才能って意味もなかったっけ?)も、
放送局も、

結局は何も反省していないって事。

公共性のある放送事業としては、

このように万引きをして店を潰し、
経営者の家族を路頭に迷わせる様な事をして、
それをヘラヘラと番組のネタにする様な人間でも御咎め無しなんだから、
世の中の青少年は、若いうちに人生経験(犯罪ですか?)やっとけ!

というメッセージを発信する……と。

金の為にはそういう仕事でもしなきゃならないのね〜。

しなくて良い苦労してて愉しいですか〜?
[PR]
by majilife | 2005-04-20 11:50 | 俺の側で愛を叫べ