ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

責任追及を第一にして、原因究明がおろそかになる

日勤教育は、責任追及を第一の目的としていたという事が、これで明らかになったと言っていいだろう。

日勤教育を全面見直し 脱線事故でJR西日本
 懲罰的で運転士らに心理的な重圧を与えているとの批判を考慮し、ミスの責任追及ではなく原因究明と再発防止を目的にした指導に改める。
 職場の上司に任されていた内容や期間に社内の統一基準を設けるほか、運転技術向上に役立つ実践的な教育を重視し、業務と直接関係のない指導はやめる。

懲罰によって人を動かすというのは、奴隷を使う発想だ。

しかし、奴隷というのは生産効率が悪いので、今の世の中、特に日本のような先進国では奴隷を使わなくて済めば、そっちを選ぶのが賢い。

奴隷を使う事が少なくなっているのは、人道的な側面もあるけれど、実利の点から見ても奴隷を利用する事の妥当性が無くなっているからだ。

しかし、時代錯誤的な事をする会社というのは今でもあるし、罰則を与えるだけで向上につながると勘違いしている人は多い。

さて、JR西日本は責任追及より原因究明をするという方向にシフトした。

マスコミはどうか?

責任追及ばかりに血眼になっていては、社会全体で日勤教育をJR西日本に科しているようなものではないか?

私自身もそうとうキツい事を書いて来たが、日勤教育の非を認めたという事で、そろそろJR西日本に対する日勤教育は終わろうと思う。

労使、力を合わせて信頼出来るJR西日本となって頂きたい。
[PR]
by majilife | 2005-05-26 15:02 | 怠れば全身バカになる