ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

損得はよく勉強してるね

こういうニュース聞くたびに、愛なんてもんが無縁の結婚を損得だけで続けている人がいかに多いかを痛感するんだが。

離婚調停、昨年は一転減少 2年後の新年金制度開始で
 全国の家裁に申し立てられた離婚調停が2004年、減少に転じた。07年4月からは、改正年金法の施行に伴い離婚しても元夫の年金を分割して受け取れる制度がスタートするため、専業主婦の妻側が申請を控えた結果とみられる。「あなた離婚して」。新制度が始まれば、いきなり別れ話を切り出される夫が増えるかもしれない。

なるほど、お金の心配で、意に染まぬ結婚生活を続けるか、離婚して経済的な苦労を受けるかという、女性にとって不利な条件は多少改善される。

今まで、家庭を守ってきた功績が報われるのは当然だし、それ自体は良い事だが。

ん〜。

家庭ってのは、会社でも同じだけど、そこに居るメンバーの組み合わせがそろってのものだって部分もある。

それにしても、こうまで離婚調停が減少するという事は、やはり経済的な不自由は、ありとあらゆる部分での不自由を呼び込む事になるって事だ。

今回は、幸い法律が改正される事で、一つ自由を手に入れた事になるのだけど、

そうそう都合良く与えてもらえるものでもない。

与えてもらえない部分がほとんどで、そこは自分で解決するしかない。

これ以外にもいろんな問題はあるのだし、それを解決するにやはり経済的な余裕は必要だ。

収入源が単一であるという不安定さが日本社会には特に強い。

単一の収入源しかない夫、それを家庭面から支える妻。

その構造に甘える形で発展してきた会社中心主義の社会って部分も否めない。

07年からは、その辺りのひずみが、単に結婚という側面だけでなく見えてくるんじゃないかなあ?
[PR]
by majilife | 2005-07-23 19:23 | 俺の側で愛を叫べ