ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

堀江批判が下品でないですか?亀井さん。

昔、政治家に遭った事がある(遭ったと書いたのは誤字ではない)。

ブリッジしてるのかと思うほどふんぞり返ってるのが笑えた。

さて、話題の6区だけど、正直、亀井さんの下品さにあきれた。

3氏が精力的に集会・視察 堀江氏出馬表明の広島6区
 ライブドア社長堀江貴文氏(32)の出馬表明で注目選挙区となった衆院広島6区で、無所属の堀江氏、国民新党の亀井静香・自民党元政調会長(68)、民主党の前議員・佐藤公治氏(46)の3氏は20日午後、選挙本番に向けて集会や視察などを精力的にこなした。

堀江氏の事を「カネで何でも解決する」なんて侮辱的な事を言っていたが、アナタの方こそ、前回の選挙では地元まわりしてないでしょ?

堀江氏への批判は、彼の政治への考え方に対して行われるべきだろうに、亀井さんは人格攻撃に終始している。

マスコミも、堀江の金持ちぶりに嫉妬する人たちの感情を盛り上げようとしているようだ。

下らない。

郵政に関して言えば、ポイントは郵政民営化をした後の事であるのに、「賛成」か「反対」かばかりを話している。

反対する理由としてもっともだと思われる意見は、

「郵便局の持つ膨大なカネが、何の準備もなく市場に流れ出すと、外資がそれらをかっさらって行くという心配があるというものだ。」

賛成する理由としては、

「今、郵政を民営化しておいたほうが、構造改革を早く進める事が出来る。」

というものだろう。

結局、郵政がこのままで良いと思っている人は少数派のようだけど、どのように郵政を民営化するかについて意見が分かれているだけなのだ。

なのに、小泉側は、「郵政民営化」は自分の方法しかないという前提で、反対派は「現状維持」を求めているのだと、湾曲して国民にイメージを植え付けようとしているようだ。

「郵政民営化」は必要だと思うが、確かに今のプランのままで早急に民営化を進めると、アメリカに好き放題に郵貯の資金をかっさらわれる心配がある。そういう意味では小泉さんはアメリカに上納金として郵政民営化をやりたいのか?という下衆な勘ぐりも出来る。

さて、郵政に関して、つまりは正しい方向での民営化を目指せば良いのだが、どうも小泉さんは内容はどうでもいいから民営化しようという姿勢だし、反対派の方には「郵貯の資金」を心配している人だけでなく、やはり郵政族の利権がからんでいる人も居るようで、今イチ信用しきれない。

話を元に戻すが、なんだか堀江の話は途中で遮って、はじめから理解しようとしない態度をとるマスコミも亀井さんも下品だ。

で、マスコミさん。亀井さんには優しいよね。

やっぱり一番信用出来ないのは賛成派でも反対派でも小泉さんでもなくて、マスコミだな。
[PR]
by majilife | 2005-08-22 09:05