ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

また沢山の犠牲が出るね

どうしたって一般市民の犠牲は出るだろう。

完全制圧まで続行 ファルージャ作戦で米長官 | Excite エキサイト : ニュース
ファルージャでは今年4月に米海兵隊が武装勢力の掃討作戦を展開したが、市民の犠牲拡大で批判が高まり、撤退した経緯がある。

今回は市民の犠牲が出ても批判が高まらないように画策するか、市民の犠牲は無かった事にするよう画策するか、メドが立ったという事か?

テロリストというのは当然正規軍ではない。そして、これも当然の事だけど、生まれた時に既にテロリストだって人間も居ない。

テロリストの子供として生まれたとしても、必ずテロリストになるワケではない。

同じ事で、善良な市民の子供として生まれた者が、テロリストになる。

皮肉なもので、明治の維新志士だってテロリストだが、政権を握ってしまえば京都の街を焼き討ちにして多くの市民を巻き添えにしようとした事さえ問題にされなくなってしまう。

さて、掃討作戦という力による解決方法をとるには、それ相応の覚悟が必要となる。

恐い事を書くと思われるかもしれないが、その地域に繋がる人間「一族郎党皆殺し」以外に安心出来る方法はない。

一見して簡単に思える力での解決だけど、恨みってのがどこかに残っていれば、それがテロリストの温床になる。一般の人間がテロリストになる事を選ぶのは何故か。そしてテロリストに一度なってしまうと、本来の目的をかなぐり捨てて、テロリストを存続しようとする。

テロリストという場を作ってしまえば、その場はそれ自体の本来の目的よりも、存続を願い、無意味なテロを繰り返す。

発生してから根絶するなら、誰一人残らないように、恨みを抱く可能性のある人間は全て抹殺するという方法が一つ。

相互理解を夢見て、徹底して分かり合おうとする方法もあるのだが、それを選ぶ人は少ない。なぜなら、自分に危害を与えて来た相手を隣にして友人のように接するなんて、恐くて出来ないからだ。

自分が恐怖を感じるぐらいなら、相手に実際の恐怖を与える方を選ぶのが人間だ。利己主義と批判するのは容易いが、自分と自分の大切な人を守る為に個人レベルで出来る事はそういう事でしかない。

でも、その個人レベルのエゴを国家レベルに持ち出せばどうなるか。

集団で生きる事を選択した時に、人類という種はその問題に気付いていただろうか?

どこまでやるのだろう?

本当にどちらかを殲滅するまでやるつもりなのだろうか?

今のところ一番正解に近いのは、「適度に戦争を続けさせる為」という事なのだろう。

殲滅する覚悟も、受け入れる覚悟もないなら、そういうことなんだろう。
[PR]
by majilife | 2004-11-09 15:19 | 怠れば全身バカになる