ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

カテゴリ:俺の側で愛を叫べ( 54 )

こちらの記事は以下のページに掲載されました。

為末大が世界陸上で銅メダル! 4年間の苦しみは無駄ではなかった

著作権の移動に伴い、ここでの表示は停止しました。
[PR]
by majilife | 2005-08-10 05:26 | 俺の側で愛を叫べ
為末大が来た!あのゴールを見たか?

最後の最後まで力を抜かず、ゴールに前のめりに転がり込んだあの姿を見たか?

陸上で前回り受け身をする奴を、そこまでして勝負にこだわる男を見たか?

男泣きに泣く為末の姿に感じるものの無い奴は男じゃないぜ!

私は為末というアスリートが好きだ。カッコだけのストイックな奴は腐るほど居る。気分だけ「死ぬ気で頑張る」奴もそこらにゴロゴロしている。

だが、為末は本当にストイックだし、「死ぬ気」の男なのだ。それを感じるから、400mハードルの決勝が始まるまで今夜は眠る事が出来なかった。

予選のタイムを見て、メダルは無理かとも思ったのだが、何かが起きるような気がしてならなかった。

その予感を裏付けるように、決勝前に突然ヘルシンキ会場の天候が激変する。激しい雷雨で空に稲妻が走り、トラックは水浸しだ。

「このレースは荒れる。そういう時には精神力の差が決め手になる。」

雨脚が弱まって始まった決勝、一回目のスタートはフライングで仕切り直しとなる。しかしクローズアップとなった為末の表情に乱れはない。

「来るかもしれない……。」

この4年間、苦しみと正面から向き合い、逃げずにスランプと戦い続けてきた為末にとって、雨もフライングも集中力を乱す出来事にはなり得なかった。むしろ苦しみ抜いた4年間はこの日の彼の精神力を磨き上げる為にあったのだ。

持ち味のスタートダッシュ、先行逃げ切りでレースを引っ張って行く為末。雨の中でも乱れない、まさに日本刀を思わせる切れの良いハードリング。

最後のハードルを越えた時点で為末の順位は3位か4位か判別がつかなかったが、ゴール直前では間違いなく4位だった。

「万事休す!」

と思ったその時、ゴールに飛び込む3位の選手が最後の一歩で手を抜いた。ふっと減速したその半歩先に前のめりに転がり込む為末!力を使い切り、そのままゴール直後に転倒してしまった。

これこそが執念だ。

4位になってしまった選手が最後まで全力で走っていたら、為末は勝てなかったかもしれない。だが、最後の半歩で勝負は決まった。その勝負に懸ける念いの強さが為末に勝利を呼び込んだのだ。

4年間、ただ苦しんだのではない。苦しんだら、その分だけ運命は手加減してくれるなどと勘違いする奴が多いが、為末はまっすぐに苦しみと向き合い、苦しみから逃げる事無く、むしろその苦しみを自分の糧とした。だからこそ、今大会での銅メダルとなったのだ。

エドモントンの時とメダルの色は同じだが、その価値には大きな差がある。

おめでとう!為末!そして美しいレースをありがとう!私も、私のフィールドで為末のように、まっすぐに手を抜かない自分を通して行く。今日の感動にかけて誓う。
[PR]
by majilife | 2005-08-10 05:26 | 俺の側で愛を叫べ
今年も「仮面ライダー響鬼 Honda」が鈴鹿8耐に出場!

最近のライダーは本田車なんだぁ。

昔はスズキに乗っていたはずだが……。

私はスズキの赤のアクロス初期型に乗っていた。

スズキのマシンは音が好きなので。
[PR]
by majilife | 2005-08-01 02:25 | 俺の側で愛を叫べ

損得はよく勉強してるね

こういうニュース聞くたびに、愛なんてもんが無縁の結婚を損得だけで続けている人がいかに多いかを痛感するんだが。

離婚調停、昨年は一転減少 2年後の新年金制度開始で
 全国の家裁に申し立てられた離婚調停が2004年、減少に転じた。07年4月からは、改正年金法の施行に伴い離婚しても元夫の年金を分割して受け取れる制度がスタートするため、専業主婦の妻側が申請を控えた結果とみられる。「あなた離婚して」。新制度が始まれば、いきなり別れ話を切り出される夫が増えるかもしれない。

なるほど、お金の心配で、意に染まぬ結婚生活を続けるか、離婚して経済的な苦労を受けるかという、女性にとって不利な条件は多少改善される。

今まで、家庭を守ってきた功績が報われるのは当然だし、それ自体は良い事だが。

ん〜。

家庭ってのは、会社でも同じだけど、そこに居るメンバーの組み合わせがそろってのものだって部分もある。

それにしても、こうまで離婚調停が減少するという事は、やはり経済的な不自由は、ありとあらゆる部分での不自由を呼び込む事になるって事だ。

今回は、幸い法律が改正される事で、一つ自由を手に入れた事になるのだけど、

そうそう都合良く与えてもらえるものでもない。

与えてもらえない部分がほとんどで、そこは自分で解決するしかない。

これ以外にもいろんな問題はあるのだし、それを解決するにやはり経済的な余裕は必要だ。

収入源が単一であるという不安定さが日本社会には特に強い。

単一の収入源しかない夫、それを家庭面から支える妻。

その構造に甘える形で発展してきた会社中心主義の社会って部分も否めない。

07年からは、その辺りのひずみが、単に結婚という側面だけでなく見えてくるんじゃないかなあ?
[PR]
by majilife | 2005-07-23 19:23 | 俺の側で愛を叫べ

ことば遊びの果て

複数の自分を感じるなんて、当たり前の事で、高校生ぐらいでそういう自分を感じないんだったら逆に発育に問題があるんじゃないかと思うぐらいだ。

でも、どういう訳だか、複数の自分を感じるという事が特殊な事であるかのように報道される。

2人の自分いる 逮捕の生徒、犯行直後話す
 高知県土佐市の明徳義塾高校で3年の男子生徒(17)がナイフで刺され大けがをした事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された同級生の男子生徒(17)は教諭らに取り押さえられた際「2人の自分がいるみたい」と話していたことが分かった。吉田圭一校長らが1日、記者会見で明らかにした

大げさに報道されるものだから、ますます「特別な事」なのだ、「異常な事」なのだという意識が育つ。

で、勝手に孤立感をもって、鼻持ちならない「逆優越意識」な人間になっていく。

孤立への悪循環が止まらない。

「2人の自分がいるみたい」

なんて、誰でも感じた事がある、当たり前すぎる感覚だ。

それを「異常な事」であるかのように取り上げるのは何故だ?

深く考える事もなく、自分の過去の経験も感覚も無視して、方程式のように決めつけているのではないか?

「透明な自分」だとか、「2人の自分がいるみたい」だとかって、

そういう言葉自体には問題はないのだ。

そういう感覚が、他人には理解してもらえない特殊な感覚なんだと勘違いしているという状況が何から生み出されているかってところに問題は存在する。

「あ、お前もそういう事思う?」

って、いつも馬鹿騒ぎしてる奴が真顔で語ってしまったり、そのあと気まずそうに照れてたり。

そういう、自分以外の人も同じような事を感じて生きているんだって、実感を持てるような交流がないってのがね……。

なんというか……。

一人で弄ぶ「言葉」ばかり発達して、言葉だけは大人っぽいんだけど、よく聞いてみりゃあ言葉に心が振り回されて、言葉にならない細やかな感情が消えてるだけ。

「言葉」は互いをつなぐコミュニケーションの道具だってのに、一人遊びの道具にしてたら勘違いする。
[PR]
by majilife | 2005-07-02 09:08 | 俺の側で愛を叫べ

ネクスト、再び……か?

ちょっと修正して再コンパイルすれば動くだろう事は分かっていた。

なにしろ元々のNextがインテルで動いてたんだから、楽勝だろう。

インテルMPUに全面移行 アップルPC、07年に

しかし、再コンパイルってところだけが問題なのではなくて、ソフトを造ってるメーカーにしてみれば、例えば今まで

マック版とウインドウズ版を造ってた会社は、

これから

PPCマック版と、インテルマック版と、ウインドウズ版を造る事になる。

そうなれば、パッケージだの何だのと面倒な事になる。

ファットバイナリで入れるって手もあるんだろうが、それでも、一部マトモに動かないソフトが出てくるんじゃないか?

そういう事で転けてしまうって事もあるから心配ではある。

おそらくインテルになっていくと、PowerBookがその恩恵を一番受ける事になるだろう。

ん〜、PowerBookを買い替えようかと思っていたのだが……インテル版になって、その評判を見るまで様子見になりそうだ。
[PR]
by majilife | 2005-06-07 13:37 | 俺の側で愛を叫べ
今は東京。

昔はニューヨークに住んでいた。

どっちの街も空が狭い。

そんだけビルが建っている。

ある日気付いた。

どのビルにもそれぞれ持ち主が居る。

マンションの一部屋一部屋にも持ち主が居る。

持ち主達は特別な人間なのだろうか?

違う。

ただ、それを欲しいと思ったか、思わなかったかの差だ。

それが手に入ると信じたか信じなかったかの差だ。

それを手に入れると決断したかしなかったかの差だ。

この中の一本ぐらい、俺のビルでも不思議じゃ無いだろう?

自社ビルにぴったりの物件情報があった。

そこに夢を描く。

いつ、手に入っても良いように、

準備をする。

そして気付く。

俺が観ているこの物件ページを創った人にも、

描いた夢があって、だからこうして完成した。

一本ぐらい、俺のモノでも不思議じゃ無い。

不思議じゃないさ。
[PR]
by majilife | 2005-06-07 01:06 | 俺の側で愛を叫べ
自社ビルに最適の物件を発見!

お宝物件探検隊/ウルハウス

不動産を買う予定はまだ無いけれど、情報は色々と集めておこうという事で、

物件リストを見るには無料の登録をするだけ。

別に煩い広告メールも来ないので、まずまず快適だ。

まあ、あまりオープンに情報を公開出来ない物件でも、こうやって会員登録って手順を踏むと見せてもらえる。

ちょっと一般には出しにくい物件も掲載されているようだ。

恵比寿駅徒歩2分、自社ビルを持つ。。。なんて・・・
[PR]
by majilife | 2005-06-06 05:22 | 俺の側で愛を叫べ
どこかで必ず金はかかるのに、この先生は現場が分かってない!

という意見が出てくるのは当然だろうけど、それならやっぱりこの実行委員会の過失だ。

入場料を取らなければ出来ない状況にあるのなら、この先生の講演を企画すること自体が間違っているのだから。

<夜回り先生>有料ではできないと講演中止 岡山・倉敷
「夜回り先生」として知られる横浜市の元夜間高校教諭、水谷修さん(49)が8日、岡山県倉敷市で予定していた講演を中止した。「入場料を取る」との連絡が主催者から伝わっていなかったのが理由で、水谷さんは事情説明に訪れた会場で「有料の講演はできません」と話し、約30分間、集まった約400人にサインや握手で応じた。

実行委員会にとっては、この先生の話の中身、つまり講演内容だけに用があったのだろう。

そして、そういう性質の講演であるからには、聴衆にとっても「お話」が重要なのだという勘違いをされてしまう可能性が高い。

主催者の意識がその場の性格を決めてしまうのが講演会の恐いところでもある。

で、この先生は「お話」を売っている人ではないのね。

彼の「お話」ってコンテンツだけなら、本でもテープでも同じなワケ。

彼に直接触れるという事は、それ以外の部分に本質があって、その大切な部分の一つとして「有料の講演は引き受けない」というポリシーもある。

それら全体に敬意を払い、誠意を持って講演を依頼しなくてはならない。

確かに、「お話」を楽しみにしてやって来た400人にとっては残念な事だろうし、そこで
「融通を利かせても良いじゃないか!」
って声も出て来るかもしれない。

だが、ここで融通を利かせてしまったら、この先生の大切な一部が崩れ、失われてしまうという事に気付いているだろうか?

400人を目の前にして、彼の胸が痛まなかったワケが無い。

しかし、その痛みに耐えてでも、彼は「夜回り先生」である自分を守らなくてはならない。

「夜回り先生」がここで妥協すれば、これから先、彼と出会う事で救われるはずだった子どもたちに出会う事が出来なくなるかもしれない。

それほどの大きな事なのだという事が、主催者には分かっていないようだ。

 実行委は開場時、前売り券を持った約400人に払い戻したが、水谷さんは翻意せず、会場では「残念」の声も上がったという。

とあるが、なぜ彼が翻意しなかったのか分かるか?

「有料でダメと言うなら、払い戻しをしますから講演して下さい」

という態度の主催者と組むという事は「夜回り先生」を殺す事になるからだ。

彼は思い上がったプライドとか面子とかで断ったのではない。

覚悟の足りない主催者が、命がけの彼と手を組もうとするのがそもそもの間違いだったのだ。

夜回り先生も、相手を良く調べていれば良かったかもしれないが、彼の活動内容からして、この団体の素性を調べるような暇は無いし、個人である彼を責めるのはお門違いだ。

やはり、この主催者が詳しく情報を伝え、誤解の無いようにやり取りをするのがスジだ。

こういう間違いをして、言った言わないの話にしてしまうあたり、イベントを実行する能力が不足した実行委員会であったという事になるだろう。

↓声ブログにこんなん有ります↓
夜回り先生が大切にしたかったもの
[PR]
by majilife | 2005-05-09 03:55 | 俺の側で愛を叫べ

日本版にはレオパルドン

日本版のスパイダーマンでは「スーパーレオパルドン」という巨大ロボットが出て来たりして、それはそれなりに面白かった。

原作者もそれなりに評価していたらしい、が……巨大ロボットは最低だと言っていた。

インド版スパイダーマン、ボンベイを行く
インドのスパイダーマンはドーティ(ゆったりしたズボン)とサローン(腰布)を身につけて先のとがった靴を履き、おなじみの赤いマスク姿で三輪自動車やスクーターで混み合うストリートをすり抜け、邪悪なラークシャサ、あるいはデーモンを追う

インド版もなかなか個性的だ。

この調子で各国版が出来たら、世界のスパイダーマン大集合とか、スパイダーマン兄弟なんてのも出来そうだ。

それにしても

彼に力を授けるのはヨガ行者(または修行僧)で、スーパースパイダーではない。彼の敵は魔法のお守りでラークシャサとなった実業界の大物だ。

これって、レインボーマンみたいじゃないの。

インドの山奥で修行するスパイダーマンって……。
[PR]
by majilife | 2005-05-05 03:07 | 俺の側で愛を叫べ