ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

感情マーケティングなんてのが流行った。

あれは顧客の感情を

青色LED訴訟が和解 8億4300万円支払い | Excite エキサイト : ニュース
青色発光ダイオード(LED)を開発した中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(50)が、勤務していた日亜化学工業(徳島県阿南市)に特許権の譲渡対価を求めた訴訟は11日、日亜側が約8億4300万円を支払うことなどを条件に、東京高裁(佐藤久夫裁判長)で和解が成立した。

大きな成果を出した個人が優遇されないという問題はあちこちで叫ばれる。

でも、優遇するって何だろう?

例えば会社がその成果を認めていると思っていても、従業員の方が認められたと感じられないのでは意味が無い。

今回のニュースに関しても、中村教授に対する会社の扱いがあまりにも酷かったという話が出て来る。それは給与とかの問題ではなく、研究を邪魔するような事を会社が行い、成果が出た後も十分に評価されていると感じられない状況に置かれたという事。

まあ、客観的に見ても、日本のエンジニアの労働環境は劣悪だ。

営業技術がお粗末で、製品技術で売って来た国なのに、エンジニアへの分配が極端に少ない。

どこかの喫茶店で居眠りしてサボっている営業マンと、夜中の2時に叩き起こされてトラブル解決をするエンジニアが同じ扱いだったりする。

日本のエンジニアは従順すぎる。中村氏の態度の方がマトモな人間の反応だと思うのは私だけだろうか?

いくら払ったとか、どれだけ儲けたではなく、これは感情に根ざした問題だ。

感情というと、とたんに価値の低いもののように言う人が居るが、そうではない。

感情のエネルギーの大きさを理解しない経営ほどダメなものも無い。

マーケティングにしても、感情に大きな比重を置いて設計する。

客の感情に留意する企業が増える中、疑問に思うのは、従業員の感情に留意する企業が少ない事だ。

従業員とのコミュニケーションが出来ているかどうかは、特にこれからの企業経営にとって、今まで以上に重大な問題になってくる。
[PR]
by majilife | 2005-01-11 16:23 | 満腹の科学

損得を越えた何かが

損得計算ばかりだから、損をしたくないという観点で考えればこの通りだ。

子供なんて、面倒だ。

それ以前に、結婚なんて面倒な事をする理由がわかんない。

それが普通だろう。

<少子化アンケ>男女の4分の1「子どもをほしいと思わず」 | Excite エキサイト : ニュース
毎日新聞社がNTTレゾナント社の協力を得て行ったインターネット上でのアンケートで、子どもを持たない男女の4分の1が「子どもをほしいと思わない」と答え、30代の女性では3割を超えるという結果が出た。

損得だけでモノを考えたらの話ね。

世の中は面倒な事ばかりだ。

恋愛なんて、突き詰めたらこんなに無駄なものも無い。

セックスしたいだけなら風俗に行けば良いのだろう?

結婚すれば、お互いに自由になる時間もお金も少なくなる。

そこへ、国が「損得勘定」で少子化対策なんて言い始める。

将来、自分の老後を見てくれる世代が居なくなる?

介護要員を増やす為に産めと?

なぜ、国の為に、社会の都合で子づくりを押し付けられなくちゃならないの?

そういう部分に、ますます面倒を感じて産みたくなくなるってのもあるんじゃないか?

恋愛とか、結婚とか、子づくりとか、子育てとか、親子とか、友情でも。

どれも損得で出来る事じゃあない。

損得を越えた何かを感じなくちゃ、

そういう感受性が育ってなくちゃ、

積極的にやるわけが無い。

愉しいと思える事、愉しい事を愉しいと思える感受性。

損得勘定以外の感受性を刺激する何かが、見えてこない限り、話は進まない。
[PR]
by majilife | 2005-01-08 21:25 | 俺の側で愛を叫べ
考えが甘い。徹底して考える事を要求される民間企業とは、あまりに認識がかけ離れている。

<郵政公社>「ポストに入る」新型小包、実は入りません | Excite エキサイト : ニュース
「ポストに投かんできる」をうたい文句にしているにもかかわらず、全国約18万6000基(昨年3月現在)の郵便ポストの7割以上でサイズが合わず、投かん出来ないことが分かった。

最近では通販の会社で、返品を受け付けるどころか、引き取りに来てくれる会社があるぐらいなのだ。

なら、これは電話一本で郵便職員がやってくるぐらいの事をしなきゃならないところではないか?

新しい目玉商品を開発した時には注意しないと、かえって評判を落とす事にもなりかねない。

郵政公社、まだまだだね。
[PR]
by majilife | 2005-01-07 15:59 | バカと鋏は何とやら
愚かしい話なんだが、被災地は今、こんな状況なのに

スマトラ西岸を集中援助 国連、人身売買に懸念 | Excite エキサイト : ニュース
スマトラ沖地震の津波被災国に対する6日の復興支援緊急首脳会議を受けて、国連緊急援助調整官室(OCHA)のイゲランド室長は同日、記者会見し、被害実態の把握さえできていないスマトラ島西岸などに集中的に援助を行い、被災者救援・復興支援活動を本格化させる方針を明らかにした。また孤児や女性に対する人身売買が深刻化する恐れがあると懸念を表明した。

来週、この現地に旅行に行くという人が居る。

理由を聞いて呆れた。

「予約をキャンセルしようとしたら、旅行会社がキャンセル料を要求するので、行く事にした」

と言う。

この旅行会社もどうかと思うが、今、被災地に観光で行くなんて、どういう神経なんだろう?

そもそも、行った所で、現地の復興の邪魔になるだけだし、観光自体が出来ないだろうから、時間の無駄だ。

さらに、もっと危険な要素だってある。

スマトラ沖地震・津波による死者は2万3200人超す | Excite エキサイト : ニュース
スマトラ沖地震の津波による死者数は2万3200人を超え、アジアの被災地では生存者の捜索と遺体の収容作業が続くなか、疫病の発生が危ぐされている。

インドネシア・スマトラ島のアチェ州の避難所責任者は、「遺体の腐乱が進み悪臭がひどい。遺体はイヌ、ネコなどの死体と混在している」と述べた。

疫病にかかりに行きたいのか?

既に二次感染が発生しているという。

キャンセル料よりも、自分の命が安いと思うなら行くが良い。

キャンセル料よりも、自分の良心が安いと思うなら行くが良い。

支援とかで何が出来るかが話題になる事が多いが、それと同じかそれ以上に、「何をするべきで無いか」も話題にしてもらいたいものだ。
[PR]
by majilife | 2005-01-07 15:38 | 満腹の科学
実は刑務所での更生プログラムで、「性犯罪」に関するプログラムは、「自由参加」である事がテレビで報道されていた。

法相と公安委長は慎重 性犯罪前歴者情報把握で | Excite エキサイト : ニュース
警察庁の漆間巌長官が、再犯防止のために性犯罪の前歴者の住所を把握するシステムが必要と発言したことに関連し、南野知恵子法相は7日の閣議後会見で「プライバシーや、出所後の円滑な社会復帰への支障がないか考えると、大変に難しい問題」と慎重な姿勢を示した。

慎重な姿勢である事は良い。しかし、南野法相はこんな事を言う
南野法相は「刑務所などではポイントをついた指導が展開されているが、有識者の意見を聞くとか、一層効果的な教育プログラムを立てるとか、更生しやすい方向付けを考えないといけない」として、性犯罪の受刑者に対する教育を見直す意向を示した。

強制参加にもなっていない、自由参加なんて状態なのに、「ポイントをついた指導」だなんて、何を見て言ってるんだか……。

関係者がこの程度の認識しか持てないのに、教育プログラムなんて難しい事が出来るのだろうか?

今回の事件に限らず、再犯が発生しやすい性犯罪に対して、対応するプログラムが自由参加で、しかも内容もお粗末となれば、このプログラムの作成者の責任は問われないのだろうか?

真剣に教育プログラムを作ってくれるなんて、誰が信用出来るんだ?

大体、更生しやすいとか言う前に、犯罪を犯しやすい現状を変えるべきだろう?

犯罪を犯させない仕組み以上に効果的な更生プログラムは無い。

健康に関しても同じだが、予防以上に効果のある治療法はない。

再犯をさせない方法として、もっと真剣に考えるべきだろう。

また、「更生」ばかりが謳われているが、どのぐらいの率で「更生」するのか、その成果を調べているのだろうか?

更生出来ないのを社会のせいにしたりして、世間に知らせると更生の邪魔になるとか言うけれど、後ろ指指されたぐらいで更生出来なくなってしまう程度の教育しか出来ない事の方が問題なのではないか?

加害者の更生ばかり気にする国では安心して生きられない。

それこそ、正直者が馬鹿を見るのなら、余計に犯罪者になろうとする者が増えるだけだろう。

こうした取り組みもあるが、警戒だけでは限界があるだろう。

不審者情報をメール配信 奈良、保護者や住民に | Excite エキサイト : ニュース
なにしろ、狙われる側にばかり負担がかかってしまうのだから。

これでは、狙われる方が悪いと言われているみたいだ。
[PR]
by majilife | 2005-01-07 15:20 | バカと鋏は何とやら

返品されたものは?

酷いもんだよね。というか、これ、返品された品物はその後どうなってんの?

アメリカの年末は「返品ラッシュ」 | Excite エキサイト
前の職場に「5年使った掃除機が壊れたので新品のに交換して貰った」とか「2回しか履いてないんだけど、サイズが合わずにサイズ違いのを交換してきた」いう人がいたが、私に言わせれば「5年も散々使ったんでしょ」「2回も履いたんじゃない」とそれらを返品に行く度胸はない。米国、返品天国なり〜

返品された品物を、もう一度売るなんて事は、まず出来ない。

でも、捨てるには勿体ないコンディションのものも多いだろう。

まあ、アメリカだと慈善団体とかに送られて、ホームレスとかに配給されるんだと思うけど、日本だと、そういう事ってしないからなあ。

返品された品物を寄付なんて話が出ると、むしろ良い事ではなく、けしからん事という扱われ方になりそうだ。

寄付するのは中古で構わんだろうに、と思うんだが……。

で、日本では、こうなっているようだ。

返品なんてアホだ! 自己責任で買い物しろ!
仕方ないから受けてますけど、返品されたものは当然もう売ることはできません!!
廃棄処分なんです!!!

やっぱり全部廃棄になるらしい。

自動車のリサイクル税だっけ?ああいうの導入するんだから、返品税でも導入したらどうだ?

そんな事を書いたら、現政権は喜んで返品税を導入しそうだな、ヤバい。

返品を防ぐ為に、今後は皆さん、現金を贈りましょう。

特にエコな人は今後のプレゼントは現金で統一ですな。
[PR]
by majilife | 2005-01-07 12:42 | 満腹の科学
知識の詰め込みが批判された。

で、今度は逆に走る。

教育の成否は結局受験の結果でしか判断しない。

大人自身に、なぜ教育出来ないのかを分析する気がない。

分析無くして知性はない。

分析ってのは、見えないものを見えるようにする=気付くという事なんだ。

教育ってなんだろう?

良い大学に入る事が目的なのか?

教育に興味が無いくせに、興味があるふりをする大人達。

結局は犯人探しに終始しているだけだ。

中学で教えている外国の知識は、アメリカと、東南アジアではマレーシアと、ヨーロッパではフランス、この3カ国だけだという不毛な状況を知っている大人は居るのか?

居たら、親がこんなに呑気に構えているとは思えないのだか?

教育は学校を卒業したら終わりなのか?

ならば、こんなに無駄な事はない。

そんな学校や家や地域社会、教師も親も必要ない。

ゆとり=暇にする

程度の発想しかない出て来ない大人を創り出して来た教育システムそのものが、今の不毛な教育を生んでいる。

ある意味、ちょっと昔の親の方がモノがよく分かっていたのでないか?

平然と、学問なんか要らない。そんなものは役に立たない!

そう言い放つ親に対する対決というが必要だった時代の教師は、親達に磨かれて力が付いた。

実際、教科書の上にあるものしか教える事の出来ない学校や教師では、生きていく力はつかない。

だから、そんな学校は要らない。学校には行かせない。

そういう判断は正しい。

極端な事を書いているように思われるかもしれないが、これが私の実感だ。

幸い、私が通った学校は素晴らしい学校で、教科書や授業の外での世界に育てられたし、授業中も、単なる知識に終わらないメッセージを受け取った。

勉強が今でも大好きだ。

高校を出た時には学年で後ろから2番だった程に苦手だった英語だったのに、11年もニューヨークで過ごし、そのうちの7年は仕事をしていた。

苦手だったけど、嫌いではなかったから、出来るようになった時を想像するとワクワクした。

だから英語の勉強はヤメなかった。

同じように苦手だった数学は、今も苦手だけど、やはり嫌いではない。

もっと時間が出来たら、ゆっくりと数学を勉強したい。

そういう、勉強が愉しく、もっと知りたいという好奇心を失わない体質を育てるのが本当の教育の役割だ。

それは、学校まかせで出来るものではない。

生き残る為に何を身につけるべきか。

予想も出来ない未来の出来事に対応出来るようになる為に、どう在るべきか。

それが本当の教育だ。死ぬまで好奇心を失わず、進歩する自分でありたい。
[PR]
by majilife | 2005-01-07 12:03 | 怠れば全身バカになる

学びのチカラ

予知したなんてタイトルを見ると、また似非超能力の宣伝か?と思ったが、

10歳の少女がスマトラ沖地震の津波を予知 | Excite エキサイト : ニュース
ほかの観光客たちは潮が引いてボートや魚が砂浜に取り残されたのをただ立ち尽くして見つめるだけだったが、ティリーは危険の予兆だと理解した。なぜなら海底の地震によって起きる巨大な波について、学校で勉強していたからだ。

学んだ知識は、こうして使われて初めて意味がある。

摩訶不思議な占いなんかよりもよっぽど精度も高いし、誰にでも使える。

なのに、この誰にでも使える力を軽視する人が多い。

科学知識をバカにしてはイケナイ。

それは、学校で成績という数字を競う為のものではない。

生きていく為に必要な事だし、生きる事を愉しくする要素でもある。

それにしてもこの知識を使ったのが10歳の少女だというのは……。

大人でこれに気付く奴は居なかったの?

こうした予兆って常識だろ、資格試験とかの事よりも、こういう知識の方が重要だと思うが。

それにしても子供も偉いが、母親も偉い。

往々にして子供がこういう警告を発しても、親は馬鹿にして耳を貸さないものだ。

親子の信頼関係が、実は一番のキーポイントだったと私は思う。
[PR]
by majilife | 2005-01-04 16:08 | 怠れば全身バカになる
金額だけで貢献ははかられるものではない。

何も言わずに「良い事をした」と自己満足に浸るだけでは勿体ない。

地震被害に5億ドル無償供与=護衛艦を追加派遣=差替 | Excite エキサイト : ニュース
小泉純一郎首相は1日夜、スマトラ沖地震を受け「資金、知見、人的貢献」の3点で最大限の支援を行うとの談話を発表した。具体的には(1)緊急支援として当面5億ドル(約510億円)を被災国や国際機関に無償供与(2)津波早期警戒メカニズム構築のための協力推進(3)消防のヘリコプターの活用、自衛隊の航空機、艦船の追加派遣の早急な検討−−を行う。
 首相は、6日に東南アジア諸国連合(ASEAN)が主催しインドネシアで開かれる復興支援のための緊急首脳会議に出席することを併せて表明した。

また、単に金を出したとか、やったというだけでなく、それを将来に繋げなくては意味が無い。

お返しを求めてやるという事では無く、損して得取れなんて商売の話でもない。

先に繋げていく事というのは、短期的にはもちろん日本の国益だが、それを本当の意味の国益として長期的に見れば、日本の国益は関係したそれぞれの国の国益でもある。

なぜなら、時代はアジア圏の形成に向かっているからだ。

短期的に良い人の顔をしたければ、金をばらまいて、どう使われるか、届いているかもチェックせず、日本が仲良くしたいという意志も相手に伝える事無く、忘れ去られてしまえば良いだろう。

だが、それは日本の不幸というだけでなく、アジア全体にとって不幸な事に繋がる。

イメージ戦略、メッセージ戦略で、日本はアングロサクソンに徹底的に負けている。

日本は役に立つ支援だって沢山やってきた。日本人がアジア人蔑視をしないとは思わないが、白人よりは遥かにマシだ。

それなのに、日本がアメリカやヨーロッパよりもなんだか相手にされていないのはどうしてなのか?

支援の内容と、そこに込められたメッセージを、しっかりと相手に伝えなくては、相手が感謝するチャンスさえ奪ってしまう事になる。

それは相手が誰かに対して感謝する事で得られる運を奪っている事にもなる。

ちゃんと感謝しやすいようにしてあげる事も大事なんだって事、キリスト教の連中の方が、このあたり、上手。

アングロサクソンを舐めたらアカン! こういう技は盗まなくちゃね。

相手から感謝されるだけでなく、感謝されている事を日本人が実感出来る事までをセットで支援出来るようにする事が、先々の国際関係安定に繋がる。
[PR]
by majilife | 2005-01-03 01:19 | バカと鋏は何とやら

スケールの大きな占い

本当にこの儀式がカンボジアを救ったのだとしたら、因果関係を知りたいものだが、

占星術師の予言がカンボジア救った=シアヌーク前国王 | Excite エキサイト : ニュース
昨年退位したカンボジアのシアヌーク前国王は昨年12月26日、スマトラ島沖地震で発生した津波に関し、占星術師が「壊滅的な地殻変動が起きるが、適切な儀式が執り行われればカンボジアは災害を免れる」と予言していたと自身のウェブサイトで語った。

カンボジアだけでなく、余所の国も一緒に助かるような儀式はさすがに無かったのかなと思う。

あと、とりあえず災害自体は避けられないかもしれないが、正確な日時を教えてもらえたら、事前の避難準備とか出来たかもしれない。

まあ、カンボジアだけ難を逃れたという事それ自体が運命だと言われてしまえばそれだけなのだけど、人間ってのは、自分の都合に合わせて奇蹟を望むものだから。

それにしてもスケールの大きな話で、テレビで毒吐いてる占い師ではこうは行かないだろうけど……。

とかって、さんざん書いておきながら、何かの意図で人気取りをする必要が元国王にはあるのかもしれない……なんて事も勘ぐっておこう。
[PR]
by majilife | 2005-01-02 23:19 | バカと鋏は何とやら