ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

やっぱボビーでしょ

この大晦日は、ボビー戦
そして、魔娑斗vsKID
を見るのが楽しみだった。

紅白視聴率は過去最低=人気低落に歯止めかからず | Excite エキサイト : ニュース

紅白というのは、飯が喰えなかった頃の、まだ個々人の多様化が見えて来なかった頃の番組で、そんな時代はもう終わってる。

さて、驚きだったのはボビーだ。

お笑い芸人がプロの格闘家に勝つというのは驚きだった。

しかし、これ、ボビーがある意味不当に低く見られている。

格闘ファンの中には、ボビーが勝った事を危険視する話もある。

格闘という世界を神域としてしまう事こそ、格闘界を弱めてしまうという考えもあるハズだが。

格闘技というもの、格闘のプロというものは、どういうものなのか、その意味をどのレベルで考えるか。

どこか道場や流派の看板を背負う事がプロなのだろうか?

確かに古来より伝えられた技は素晴らしい。

しかし、流派が強いのではなく、強い奴が強いというのが本質だ。

技は単なる底上げに過ぎない。

強い奴は、そのうえに独自の閃きを加え、無類の強さを発揮する。

そういうものではないだろうか?

確かにボビーは職業という意味でのプロ格闘家とは言えない。

だが、それなりの訓練を受けて来た、ちゃんと黒帯試験も通ったではないか。

リングの上で笑いを取ったりしたか?

お笑い芸人だからと、いい加減な態度を見せただろうか?

看板は素人だが、彼自身は格闘家の心であのリングに上がったのではなかったか?

あれが視聴率稼ぎの八百長だというのなら、所詮は格闘界なんてものはその程度のくだらない世界だと言う事になってしまう。

しかし、あれは八百長ではないと思う。

だからこそ、ボビーの勝ちにも価値がある。

ボビーが勝ってしまう所に、格闘界の夢があるのではないか?

努力と才能があれば、評価される事もあるのだと。

強さという単純な指標を信じられるシンプルさは、今の時代にこそ求められるものだ。

確かに勘違いする輩も出るだろうが、それはどんな出来事にもある事。

ボビーはヘラヘラとリングに上がったのではない。

ちゃんと汗を流して技を磨いてリングに上がったのだという事を忘れないでもらいたい。

職業としてのプロ格闘家ではないだろうが、ボビーという個人としてプロだったと私は思う。

そうでないと、あの会場の盛り上がりは無かったはずだ。

魔娑斗vsKIDの方が、その意味では大会主催者の意図が入っていたような気がして、面白くなかった。

魔娑斗の地位は守りつつ、KIDのカリスマ性をさらに印象づける事で、大会の寿命が延びるのは確実だ。

途中のローブローが無かったら……なんて思わせるのもニクい。

私にとってはこちらの方がボビー戦よりも演出がかって見えてしまった。

もちろん八百長なんかで無いのは分かっているけれど。
[PR]
by majilife | 2005-01-02 15:07 | 満腹の科学