ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

まあ、正直ムカッと来ますが、これで自分が反韓に誘導されるのもつまらない。

独と比較し日本を批判 韓国大統領、反省促す | Excite エキサイト : ニュース
盧大統領は「侵略と加害の過去を栄光と考える人たちと一緒に生きるのは全世界にとって大きな不幸だ」とし、「日本の態度は人類社会が追求しなければならない普遍的価値に合わない」と指摘。

別に過去の栄光なんて思ってないんだが……、韓国の大統領は、そういう日本人にばかり会っているという事なのかねぇ。

会う人選べば良いのに。

なんだかんだ言っても、韓国企業の液晶バネルだって使ってるし、庶民はお互い助かるところで経済やってるから、マスコミの報道やら政治家の掛け声なんかに乗ってやるこたぁねぇと思うので無視。

ニューヨークで韓国人と遊んだ事あったけど、それなりに良い奴らだったし。

まあ、そういう体験とかの方が、新聞記事なんかより信じられる事実なんで。

キムチもビビンバも、相変わらずウマいしね。

日本 対 韓国

じゃなくて、

日本の政治屋 対 韓国の政治屋

ってのが本当のところではないかと思ったりもする。
[PR]
by majilife | 2005-04-08 19:13 | 怠れば全身バカになる
芸人の世界は厳しい。

だからもう頂上に登ったつもりの勘違い芸能人とはひと味違う。

吉本興業の“ライブドア放送”戦略 | Excite エキサイト : ニュース
 タモリや中島みゆきらの大物が次々と「ニッポン放送の経営権がライブドアに移ったら、番組を降板する」などと宣言するなか、所属の岡村隆史(34=ナインティナイン)が「ボクは違うと思う」との意見を披露した。「パーソナリティーがそういうことを言うとリスナーが不安になる。僕らはやめません」とまで言い切ったのだ。

タモリ、中島みゆき、倉本聰、萩本欽一などは、何を勘違いしているのだろう?

自分という存在が永遠であると思い上がっているように感じて、正直がっかりした。

世話になった人も居るかもしれないが、ライブドアになってから、その恩人達が優遇されて、一緒に仕事をしようと誘われたらどうするんだ?

そういう事だってあり得る事だろう?

まあ、実際はそんなたいそうな話ではなくて、単なる踏み絵だってだけの事なんだろうけどね。

ライブドアになってからでないと、本当に質が落ちるかどうかなんて分からない。

なのに、それが確定もしない内からこんな声明を出すというのは見苦しい。

彼らが「今」こんな声明を出すというのは、

自分たちの降板が、ライブドアによるニッポン放送買収を抑止する力があると思っているという事?

ライブドアのやり方が気に喰わないなんて事を言ってるが、戦い方がみみっちいと言うか、こんな宣言等しないで、ライブドアが実際にマズい事をやった時に、サクッと降板すれば済む事。

わざわざ宣言するあたりに小賢しさを感じる。

それまでの自分の人気に何を勘違いしたか大御所気取り。

こういう年の取り方はしたくないものだ。

そろそろ見飽きたなと感じてる人ばかりが、

「ライブドアに移ったら番組を降板する」

なんて言ってるだけだから、別に視聴者としては困らないけど。

あんたたち、人気商売ってことを舐めてんじゃないの?分かってる?
[PR]
by majilife | 2005-04-04 17:53 | 怠れば全身バカになる
有名で大きな企業なら、それだけで安心してしまうという悪い癖がある。

第3者の機関等でちゃんと評価されているか等を調べなくては、ある程度の安心を得る事は出来ない。

やっとここにメスが入ったか……、大手に手入れする事で、業界全体に睨みを利かせようという事だな。

「食べてやせる」根拠なし サッポロ製薬を業務停止 | Excite エキサイト : ニュース
 食事制限なしにダイエットできるなどの宣伝内容に合理的な根拠がないとして経済産業省は1日までに、特定商取引法違反(虚偽・誇大広告など)で通信販売業者、サッポロ製薬(札幌市)に3カ月の業務停止命令を出した。
 経産省によると、サッポロ製薬は昨年11月末、全国の新聞に自社が扱う黒酢を使った健康食品「奥様美容で酢BT」の折り込みチラシ約500万枚を入れ、有名女優らを使って「毎日きちんと食べてももう太らない」「キレイにやせて、カラダ元気」などと宣伝した。
 経産省が、同社に宣伝内容の根拠や裏付け資料を示すよう求めたところ、十分な回答がなかったため、特定商取引法違反に当たると判断した。

この問題に関して、色んな意見が出て来るだろう。

最も簡単で、脳みそを使わずに済む対応策は

「健康食品は買わない、関わらない。」

という事だ。

だが、これで問題を解決出来るかというと、コレは無理。

困った事に、加工食品という意味では、全ての食品が「健康食品」と同等の存在だ。

元々が、栄養や健康をないがしろにして、単純で分かりやすい味とコストダウンに邁進した加工食品があって、もちろん原材料の質も落ちて行くという事で問題が発生した。

それに対する暫定的対応策として出て来たのが「健康食品」だ。

つまり、「不健康な加工食品」に対応する食品が「健康食品」なのだ。

まあ、ミネラルウォーターを買いあさったり、浄水器を買うのと同じだ。

需要があるから供給があるのであって、悪徳な健康食品を撲滅するには、健康食品を買わなければ良いという意見がこのあたりで出て来るだろう。

しかし、身の回りの不健康な加工食品から身を守るのは待った無しの問題だ。

間違えてはイケナイ。

間違った健康食品を選んではイケナイという事であって、全てを拒否するのなら、全ての加工食品を否定して、畑を耕すという話になる。

さて、では、間違った健康食品を選ばないようにする為には、どうすれば良いのか?

残念ながら、日本は消費者を保護しようとして間違った方法をとっている。

健康食品に関して、本当に意味のある栄養成分が入っていても、その成分の意味を説明する事が禁じられている。

これで消費者を保護しているというのは奇妙な話だ。

こうした規制が何を生み出したかというと、いかにしてその規制にひっかからないような表現で、消費者を勘違いさせるかというテクニックの成長を促しただけだ。

例えば、

「体脂肪が減る」

は違反だが、

「体脂肪が気になる方に」

はOKだとか、そういう事なのだ。

これでは内容で勝負する事が出来ない。

この規制が、どんな保護を狙ったかは分かる。

野放しにすれば、全くの嘘を効能として書き連ねて売る馬鹿が出て来る。

馬鹿が出てから取り締まるのは想像しただけでウンザリする。

しかし、だからと言って、一切書くなという事にすれば問題はもっと不透明になる。

本当に意味のある健康食品だって存在するのに、その差を分かるように語る事が許されないという事が、どれだけ消費者にとって損になるかが分かっているのだろうか?

行き過ぎた消費者保護によって、良い製品の良いところが分からないだけでなく、実は、悪い製品の悪いところも分からなくなってしまう。

言い回しさえウマければ、劣悪な製品でも売れるという事だ。

こうした極端な消費者保護が行われる背景には「消費者は馬鹿だから理解出来ないだろう」という前提がある。

つまり、過保護な親が、先回りして、ありとあらゆる障害を排除してしまうような状況なのだ。

過保護な親に育てられて世間を知らない子供のままで大きくなると、親の目が届かない状況が発生した時に何が起きるだろうか?

子供は何が起きているのか分からない。

何が起きているのか分からないから、危険な状況にあっても、逃げようともしない。

「魚を食わせるよりも、魚の釣り方を教えなさい」というのは、そういう事なのだ。

では、どうするべきか。

私が健康食品を判断する場合には、アメリカでの製品説明を調べる。

アメリカでは製品の説明を詳細にする事が認められているので、日本では知る事の出来ない情報が手に入る。

そういう面倒な事をしないと、日本国内の情報だけではマトモな製品かどうか判断する事が出来ない。

アメリカでは、ちゃんと根拠があるなら書いても良い事になっている。

書かれた内容が嘘だった場合は、嘘だって事が罪になるから、そうそう嘘を書くワケが無い。

そういうバランスの取り方が日本とは違う。

消費者が何も考えなくて済む様な、過剰な消費者保護のあり方は危険だというのが私の意見だ。

もちろん、情報には嘘や間違いが含まれる場合もあるから、全てを鵜呑みには出来ない。

だが、情報を遮断されていては、本当の情報までも入って来ない事になり、必要とするモノを選択する事が出来なくなってしまう。

今回は、ハッキリと違法表現(毎日きちんと食べてももう太らない」「キレイにやせて、カラダ元気」)をしているから分かりやすいのだが、曖昧表現にも気をつけて頂きたい。

また、良い製品を扱っているにも関わらず、真面目にその製品の特徴を伝える事が出来なくて困っている会社もある。

そして、そうした真面目な製品に出会う機会を、知らず知らずのうちに奪われている消費者も居るという事だ。

残念な事だと思う。
[PR]
by majilife | 2005-04-02 03:38 | 怠れば全身バカになる
広告費は、値引き無しなんだろうか……。

文春広告の一部を黒塗り 協力費報道で朝日新聞 | Excite エキサイト : ニュース
 朝日新聞社が週刊朝日の連載企画に対する「編集協力費」名目で、消費者金融大手・武富士から5000万円の提供を受けたことを報じた31日発売の週刊文春をめぐり、同日付朝日新聞朝刊に一部が黒塗りされた同誌広告が掲載された。
 広告の当初の見出しは「人はそれをブラックジャーナリズムと言う 朝日新聞が武富士から受け取った『ウラ広告費』5000万円」だったが、このうち「人はそれをブラックジャーナリズムと言う」の部分が黒塗りされた。

広告として載せてるってことは、これは文春から金取ってるわけだよなあ。

墨を塗るぐらいなら、掲載を断った方がスッキリしている。

そこまでして広告費を取らなくちゃって事でしょうか?

でも、週刊文春にとっては、余計に良い宣伝になってるワケか……。

そう考えたら、逆に広告費を多めに貰いたいぐらいかもしれないが。
[PR]
by majilife | 2005-04-01 04:09 | 怠れば全身バカになる

玉突き事故よりは……

良心の呵責に耐えかねてという事なのかもしれないが……

<東名道事故>小6女子ひいた男性、自殺か 火災車両に遺体 | Excite エキサイト : ニュース
 静岡県焼津市の東名高速下り線で、愛知県美浜町の小学6年、小久保実里(みさと)さん(12)が走行中の観光バスから転落して死亡した事故で、小久保さんをひいた可能性がある埼玉県狭山市の男性(41)所有のワンボックス車が山梨県富士河口湖町内で車両火災を起こし、車内から身元不明の男性の遺体が発見されていたことが31日、同県警の調べで分かった。自殺の可能性もあるとみて、DNA鑑定などで身元の確認を急いでいる。

自殺するこたぁないだろと思う。

落ちたのが人間と認識出来ていたかどうかも怪しいし、もし、認識出来ていたとしても、何が出来ただろう?

とっさに避けようとした場合、それが大事故を引き起こす事になったかもしれない。

避けようとして玉突き事故でも引き起こしていたら……。

そう考えたら、これは仕方の無い事だと思うのだが。

問題は、バスの安全対策の方だろうに。

バスの窓の設計とか、バスに乗るにあたって児童に十分注意するとか、そういう事が本道だろう。

実はちょっとした寒さを感じるのは別のところにもあるのだが……

あのスケジュールはどうなんだろうか?

深夜バスで遊びに行って、そのままとんぼ返りというのは、かなり疲れるのではないか?

そんな余裕の無い遊び方をして、引率の大人も疲れ果てていただろう。

本当に危ないのはそういうところではないのか?

なんだか、妙な貧しさを感じてしまったのは私だけだろうか?
[PR]
by majilife | 2005-04-01 01:04 | 満腹の科学