ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こういうニュースを読むたびに思うんだが、

一番迷惑しているのは、善良な精神障害者では無いだろうか?

<殺人罪被告>廷内で暴行、傷害容疑で捜査 名古屋地裁
 28日午後2時過ぎ、名古屋市中区三の丸1の名古屋地裁1号法廷で、殺人罪などに問われた氏家克直被告(34)=福島県出身、住所不定、無職=の公判中、氏家被告が検察側証人として出廷していた被害者の女性(25)に突然つかみかかり、頭部を殴った。氏家被告はすぐに刑務官らに取り押さえられたが、女性は救急車で病院に運ばれた。愛知県警中署は傷害容疑で捜査を始めた

こんな常識はずれの行動をして、その上、この被告の弁護士ってば
氏家被告の弁護人は「責任能力がない」として無罪主張している。

それは無いでしょう……というのがまともな人間の感覚だと思う。

で、こんな事がまかり通るから、精神障害を抱えた人たちを危険人物の予備軍みたいに誤解する人が増えるんじゃないか?

そもそも責任能力がない場合に罪が無いとするのは奇妙な話だ。

それが悪い事だとわからない人なら、それを繰り返す事は明白なので、社会から隔離しておかないと困った事になる。

で、ここで注意なんだけど、

社会的に被害を与えるような行動を繰り返す「責任能力の無い」人とかを隔離したり処罰する事が大事なんであって、

一律に「責任能力に問題あり」とされる人を全部隔離するような事が無いようにしてもらいたい。

統計で言えば、精神に障害を持つ人の方が、一般人よりも犯罪を犯す率は低いのだ。

もしも精神に障害のある人を隔離するという事になるのなら、一般的と言われる人間たちの方を隔離した方が理にかなっている。

重要なのは、犯罪を犯すような人をどうするかであって、それ以前のところで勝手に犯罪予防が出来るなんて勘違いはしないでもらいたいのだ。

こういう犯罪者たちと、精神障害を抱えながらも懸命に活きようとする人々を同一に扱ってもらっては困る。
[PR]
by majilife | 2005-07-28 20:04
今のところ、アスベストに仕事を通じて触れた労働者、および、その家族辺りを対象として、労災とか国の責任、対策を問う動きになっているが……

それ以上の広がりを見せるのは必至だろう。

こちらの不動産会社の経営者の方とも、その話題で盛り上がったのだけど、不動産業界や保険業界にも波及するのではないか。

<アスベスト110番>相談500件以上 全建総連
 アスベスト(石綿)による健康被害の判明が相次ぐ中、全国建設労働組合総連合(全建総連、約70万人)は24日、「建設労働110番」を22都府県で開き、石綿による健康被害の相談が500件以上寄せられた。昨年の「110番」では石綿に関する相談はゼロで、建設関連業界で石綿被害への関心が急激に高まっていることを示した。


続きを読む
[PR]
by majilife | 2005-07-25 06:02 | 満腹の科学
こういう記事は残しておきたいものだ。

利用された女性、しかし、利用されたという事自体が免罪符とはならない。

利用されて自爆に成功していたら、やはり悲劇は起こっていたのだから。

自分の悲劇を拡大再生産する事を正当化する事なんて出来ない。

<自爆テロ>失敗した女性、哀しい結末 パレスチナ [ 07月19日 11時45分 ]


 死ねなかった自爆テロリスト。ヒロインに祭り上げられた。その姿は、あまりに哀(かな)しい。

More
[PR]
by majilife | 2005-07-24 08:32

損得はよく勉強してるね

こういうニュース聞くたびに、愛なんてもんが無縁の結婚を損得だけで続けている人がいかに多いかを痛感するんだが。

離婚調停、昨年は一転減少 2年後の新年金制度開始で
 全国の家裁に申し立てられた離婚調停が2004年、減少に転じた。07年4月からは、改正年金法の施行に伴い離婚しても元夫の年金を分割して受け取れる制度がスタートするため、専業主婦の妻側が申請を控えた結果とみられる。「あなた離婚して」。新制度が始まれば、いきなり別れ話を切り出される夫が増えるかもしれない。

なるほど、お金の心配で、意に染まぬ結婚生活を続けるか、離婚して経済的な苦労を受けるかという、女性にとって不利な条件は多少改善される。

今まで、家庭を守ってきた功績が報われるのは当然だし、それ自体は良い事だが。

ん〜。

家庭ってのは、会社でも同じだけど、そこに居るメンバーの組み合わせがそろってのものだって部分もある。

それにしても、こうまで離婚調停が減少するという事は、やはり経済的な不自由は、ありとあらゆる部分での不自由を呼び込む事になるって事だ。

今回は、幸い法律が改正される事で、一つ自由を手に入れた事になるのだけど、

そうそう都合良く与えてもらえるものでもない。

与えてもらえない部分がほとんどで、そこは自分で解決するしかない。

これ以外にもいろんな問題はあるのだし、それを解決するにやはり経済的な余裕は必要だ。

収入源が単一であるという不安定さが日本社会には特に強い。

単一の収入源しかない夫、それを家庭面から支える妻。

その構造に甘える形で発展してきた会社中心主義の社会って部分も否めない。

07年からは、その辺りのひずみが、単に結婚という側面だけでなく見えてくるんじゃないかなあ?
[PR]
by majilife | 2005-07-23 19:23 | 俺の側で愛を叫べ
アスベストが急に話題になっているけれど、こんなに対策が遅れているとは思いもしなかったのよね〜。

08年待たずに禁止へ アスベスト対策で厚労省 
2008年までにアスベスト(石綿)を全面禁止にする方針を決めた経済産業省と厚生労働省は21日、アスベストに関連する20の業界団体関係者を集め、東京都内で緊急会議を開いた。厚労省の小田清一安全衛生部長は「08年を待たず禁止できるものから速やかに禁止していきたい」と今後の方針を示し協力を要請した。

ニューヨークに住んでいると、アパートの契約のときには必ずアスベスト情報が出てくんのね。

んで、その書類を読みましたってサインしないと契約できねぇの。

その情報見てたら、アスベストが使われているかどうかの検査を何時やったかとか全部わかる訳で、危険度も自分でわかるんだわ。

日本は当然アメリカよりも進んでいると思ってた。

というのも、アスベストに害があるなんて、確か小学校の社会科あたりで既に習ってたから。

官僚の皆さんとかは小学生も知ってる事を放っておいて税金で食えるんだから良い商売よ、いやマジで。

さて、今日はこちらの不動産屋さん→★ウルハウス★にお邪魔して、い〜ろいろお話し出来たのが面白かったんで、シェアしちゃおう!

一番興味深かったのが、これからアスベストってのが、昔のPCBみたいな扱いになって、物件の売り買いに関係してくんじゃね〜の?って事。

土壌汚染で三菱地所が問題になってたけど、ああいった感じで、アスベストに関して欧米並みか、それ以上の情報開示を義務づけられる可能性が出てくると。

という事は、ここ最近盛り上がってる不動産投資は、そのあたりを先取りしなくっちゃって事なのよ。

やっぱ本職さんは経験をもとにしてニュースを読み解くから面白い。

なにしろ昔PCBがらみの物件で、大変な苦労をなさったと言う事だから緊張感が違うのよ。

じゃあ、アスベスト関係、どういう風に調べようかなぁ?って辺りが、やっぱノウハウという事ではあるようで……。

そういう事もわかってる不動産屋さんを味方に付けないと不動産投資も素人考えだけでは怪我する時代だねぇ。

最近、コンサルティングファームに関わっているので、なおさら専門家の有効利用は非常に重要だとわかってきている私には、とっても響くお話でした。

こちらの不動産屋さんは、ちょっと面白いですよ。

売りたい時のウルハウス〜買い手も嬉しい独自物件リスト

特に、「売りたい物件、土地」がある方にはオススメです。
[PR]
by majilife | 2005-07-21 18:54 | 満腹の科学
ニューヨークに住んでた頃から、このかたのニュースは毎年聞いてた。

ホットドッグ早食い、日本の小林さんが5連覇

元々はローカルなお祭り、お遊びだってのに……

そういう空気は無視して頑張ってしまえる日本人ってのは、やはりホットドッグのCMには最適なわけで、売り上げに貢献している小林さんは偉い!って事になる。

尊敬はされないけど。

ODAをいくら出しても、尊敬されない。

国連分担金をいくら出しても、尊敬されない。

サマワで支援活動してても、テロられる。

そういう意味で、正しく日本人。
[PR]
by majilife | 2005-07-06 04:36 | 満腹の科学

ことば遊びの果て

複数の自分を感じるなんて、当たり前の事で、高校生ぐらいでそういう自分を感じないんだったら逆に発育に問題があるんじゃないかと思うぐらいだ。

でも、どういう訳だか、複数の自分を感じるという事が特殊な事であるかのように報道される。

2人の自分いる 逮捕の生徒、犯行直後話す
 高知県土佐市の明徳義塾高校で3年の男子生徒(17)がナイフで刺され大けがをした事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された同級生の男子生徒(17)は教諭らに取り押さえられた際「2人の自分がいるみたい」と話していたことが分かった。吉田圭一校長らが1日、記者会見で明らかにした

大げさに報道されるものだから、ますます「特別な事」なのだ、「異常な事」なのだという意識が育つ。

で、勝手に孤立感をもって、鼻持ちならない「逆優越意識」な人間になっていく。

孤立への悪循環が止まらない。

「2人の自分がいるみたい」

なんて、誰でも感じた事がある、当たり前すぎる感覚だ。

それを「異常な事」であるかのように取り上げるのは何故だ?

深く考える事もなく、自分の過去の経験も感覚も無視して、方程式のように決めつけているのではないか?

「透明な自分」だとか、「2人の自分がいるみたい」だとかって、

そういう言葉自体には問題はないのだ。

そういう感覚が、他人には理解してもらえない特殊な感覚なんだと勘違いしているという状況が何から生み出されているかってところに問題は存在する。

「あ、お前もそういう事思う?」

って、いつも馬鹿騒ぎしてる奴が真顔で語ってしまったり、そのあと気まずそうに照れてたり。

そういう、自分以外の人も同じような事を感じて生きているんだって、実感を持てるような交流がないってのがね……。

なんというか……。

一人で弄ぶ「言葉」ばかり発達して、言葉だけは大人っぽいんだけど、よく聞いてみりゃあ言葉に心が振り回されて、言葉にならない細やかな感情が消えてるだけ。

「言葉」は互いをつなぐコミュニケーションの道具だってのに、一人遊びの道具にしてたら勘違いする。
[PR]
by majilife | 2005-07-02 09:08 | 俺の側で愛を叫べ