ニュース中心に好きなだけ突っ込んでみるる


by majilife

<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「無茶な話」って部分はやっぱ突っ込んでいただけましたね。個人の視点で言えば無茶という意味で書きました、が、社会は個人の視点の通りには動かないものですから。

滞在資格を守らないという事自体が既に違法ですから、犯罪である事には違いない訳で、その状況で既存のルールを変える為に戦いを挑もうというのであれば、この程度で弱音を吐いてしまっては「甘い」のではないでしょうか。

悪事を働く人々ではないとのご指摘ですが、この家族は不法滞在という悪事を既に働いています。

悪事というのを主観的に判断するなら、彼らの不法滞在は、あなたにとって悪事にならないというだけの事で、法治国家としては既に悪事を働いている人に分類されるのです。

また、いきなり「みんなのために死ね」という事かとおっしゃってますが、これは「みんなのために死ぬ」事になるのでしょうか?

私には別にこれが誰かの為に死ぬなんて崇高なお話につながるとは思えないのですが?

まあ、こういう事を書いてはいますが、もしも彼らが私の身近な友人なら、支援もするでしょうし、共に戦う事になるだろうと思います。

で、私のような人間に、「犯罪者に手をかすの?」なんて非難される事も覚悟の上で、まあ戦うしかないだろうなと思います。

法治国家で決まったルールで、それを破ってて、それをなんとかしろなんてのは、それが個人的な要求から出てて、感情的に可哀想だからなんて安いヒューマニズムに根ざすもんだったら、それ相応にたたかれるだろうし、でも、個人としてはギリギリまで要求し続けてなんとかならないか手を尽くしてみるってのは当然ですからね。

別に彼らがこういう要求をする事の自由を奪おうとは思いませんし、彼らのような人に対して、何か違う道を提示できるような国になれば、それも美しいですが、それを勝ち取る事は難しく、そうした難しい戦いを挑んでいる以上、泣き言並べても……ねぇ。

彼らがこうした心情を述べる自由も、日本にとどまりたいと要求する自由も、その為に仲間と一緒に戦う自由も、奪ってはならない当然の権利だと思いますし、その点は認めます。

しかし、ルール破りを認めろという要求を、そう易々と通す訳にはいかないでしょう。

例えば、この事件が元で、不法滞在の外国人が増え、それによって社会不安が増大し、結果、あなたの家族や友人が事件に巻き込まれた場合に、「みんなのために死ね」と彼らに言う訳にはいかなかったから、自分の家族や友人が被害にあったのは仕方ないという事にはならんでしょう。

まあ、こういう事を書けば、それは警察なり何なり責任を取るべき別のシステムが動くべきだなんて話になるのでしょうが、そのコストを負担するのは?そのコストに見合った成果を出す為の試行錯誤にかかる時間は?状況の変化に追いつくまでに発生する社会的な損害に対する責任は?これらを社会全体で負担する事になるという事についてはどうするのでしょう?

また、外国人=犯罪者というのは短絡的だと批判されるかもしれませんが、そのような短絡を書いていない事は文章を読んでいただければ分かる事ですが、(センテンス毎でなく、文章全体を読解ください)一応補足しますと、十分な対応策もなく、安易な移民を行った国々で、いずれも外国人や移民による犯罪が増えるのは歴史の事実です。

その本質は彼らが社会的に不利な状況に置かれ、貧困の中で犯罪に手を染めるのであって、彼らが外国人である事自体は枝葉末節なのですが、では、なぜ彼らが犯罪に手を染めやすくなるのかというと、安易に外国人を受け入れてしまうからなのです。

日本でもフィリピン等から看護婦を受け入れようなんて話が出ていますね。その理由は「安いから」だと言いますね。

こうしたあからさまな差別意識で外国人を受け入れて、やってきた外国人はやはり不満を抱えますね。1世にとっては諦めがついても、2世以降は強い理不尽を感じて生きる事になりますよね。「安い」という理由で受け入れられた人々ですから、当然、経済的には弱者ですね、その家庭に育つ子どもは教育レベルが下がりがちになり、ますます社会的に不利な状況に陥ってしまいますね。

そうした先の見通しも出来ないほど、まだまだ対応がお粗末なのが日本という国の現実なのです。だからこそ、こういう結果しか出せないのです。

そうした現実をあぶり出したという意味で、この家族の訴えには大きな意義がありますが、この家族の要求をそのまま受け入れてしまう事は、先々大勢の外国人をかえって苦しめる結果につながりかねません。

そこで、このニュースに対して本当に心から胸を痛めておられるのであれば、今のこの家族をどうにかするよりも、日本が外国人を受け入れるにはどのような準備をしなくてはならないのか、彼らを「安い労働力」ではなく「対等な人間」として受け入れる為に、私たちはどこまで自分たちを犠牲にする覚悟があるのかをこそ、問わねばならないでしょう。

正直、私は彼らにも優しくありたいですが、その前に同胞を、身の回りの仲間を、家族を、優先します。自分のすぐ隣をケアする事からしか世界は変わらないという実感を持っております故。

では、ここで書いておる事は無意味かと言えば、これは将来のありたい理想を投げかけるという意味を含んでおります。もしも今出来る事以外は書くなという形で私が未来へ投げかける希望を表現する自由を奪われるような事があるならば、断固拒否し、戦います。

あ、もちろん放浪者さんが私を否定しているとかそういう風には思っていませんので、誤解なきよう。

あと、ちょっと気になったのですが、「続きを読む」はクリックしていただけましたでしょうか?ちょっと全体を読んでいただいた上でのコメントには思えませんでしたので。

続きの中に書いた事には一切触れておられないので、重要なのはそっちなのになという思いがあります。もしもこの文章の冒頭だけ読んでコメントなさっているとすると、軽い失望を覚えます。
[PR]
by majilife | 2006-12-12 03:38 | 俺の側で愛を叫べ
法律的には正しい。

が、この家族の未来を想像すると無茶な話である。

一方で、こうした事態に陥る事を想像できていないこの家族も不用心ではある。

<在留特別許可>イラン人一家の要請認めず 東京入国管理局※記事内容は文末に

そもそもが不法滞在なのであるから、こうした結末に至るのは当然。

私がニューヨークに居た頃、大学卒業を控えていってのにバイト先のレストランに手入れがあって、強制送還になった奴が居た。(アメリカの学生ビザは基本的に仕事しちゃダメなのだ)

冷たい?そうね〜。でも、ここで前例つくったら、この家族と同じ状況を装って国内で悪事を働く為に滞在しようとする人間が増える事になる。

続きを読む
[PR]
by majilife | 2006-12-09 06:36 | 俺の側で愛を叫べ